メンズジャニオタのオタブログ♪/ジャニーズ・アイドル・芸能界分析/たまに不動産・リノベレポート

ジャニヲタ・アイドルヲタ・芸能人分析ブログ/たまに不動産とリノベ・ご飯レポートしています

ソニー不動産とヤフーのおうちダイレクトが不動産業界から干された理由・社名変更した理由

f:id:aoao0501:20190705214355j:image

皆さまはソニー不動産の「おうちダイレクト」をご存知ですか?

個人的にはなかなか好きな取り組みなのですが、不動産業界からは見放されてしまいました。

その理由について書きます。

 

おうちダイレクトとは?

f:id:aoao0501:20190705214500j:image

中古マンションを自分で決めた価格でいつでも自由に売り出せるというのが特徴のプランです。

今まで不動産業界はブラックボックス、不透明等と言われていますが、業界に風穴を開けようとする画期的なプランです。

構造はいたってシンプルで、売り手と買い手がインターネットを通して直接物件の売買を行うプランです。

宅建の法律上、不動産会社が建前で間に入り、事務的な処理のみのため、売り主側から仲介手数料を貰うというシステムです。

そのため、買い主側からすると手数料がお得であり、自分で決めた金額で交渉できるというものです。

簡単にいうと「不動産のメルカリ版」みたいな物です。

しかし、世間にはあまり浸透しませんでした。

なぜ、おうちダイレクトはうまくいかなかったのか?

f:id:aoao0501:20190705214702j:image

それは不動産業界から干されたことが理由です。

不動産会社もIT化は進んできており、スーモ等のポータルサイトに載せることは当たり前になっています。

それを見越して、ヤフーが運営する不動産サイト「Yahoo!不動産」でおうちダイレクトを開始しました。

しかし、不動産流通業界から反発がありました。

大きな組織でFRKと全宅連というものがありますが、不動産の大元のPTAみたいな存在です。

その不動産流通業界(FRK)がヤフーとの提携を解消しました。

理由としては、おうちダイレクトの仲介はソニー不動産しか行うことができないということが独占市場を作りだそうとしているのではないか?という内容でした。

提携を解消したことで、ヤフー不動産自体の情報量は減り、透明性という部分はなくなってしまった気がします。

また、先進的にアメリカで実施されていましたが、アメリカでは既に縮小傾向にあることが確認されています。

一社のポータルサイトで集めるよりも、たくさんのサイトに載せてもらい、プロが仲介に入ってくれたほうが高く売れることが多いからだそうです。

たしかに、メルカリでも値引きは当たり前な昨今なので、不動産でも同じなのかもしれません。

ソニー不動産がSREホールディングスに社名変更した理由

f:id:aoao0501:20190705215030j:image

社名変更した理由はいくつかあると思いますが、噂で聞いたことをまとめます。

・不動産業界を暴露するという姿勢が不動産業界から嫌われた

・新興企業のため、他社の営業マンをヘッドハンティングしすぎて不動産業界から嫌われた

・赤字のため、ソニーから見限られた

・不動産の証券化がうまくいかなかった

 

【スポンサーリンク】