メンズジャニオタのオタブログ♪/ジャニーズ・アイドル・芸能界分析/たまに不動産・リノベレポート

ジャニヲタ・アイドルヲタ・芸能人分析ブログ/たまに不動産とリノベ・ご飯レポートしています

産後の妻のイライラはホルモンが原因!?オキシトシンの攻撃性と夫婦の離婚危機と対策

f:id:aoao0501:20190509084603p:plain

赤ちゃんを出産後は、女性は身体は疲れているのに、母乳をあげないといけない、赤ちゃんをあやさないといけない等、中々寝れません。それなのに旦那はぐっすり寝ていることにイライラする奥様は多いのではないでしょうか。

今回はホルモンのバランスと夫婦関係について書きます。

 

愛情ホルモンと呼ばれているいたオキシトシン

 

オキシトシンというのは女性特有のホルモンで、筋肉を収縮させる能力があります。

そのため、出産時や搾乳時などにこのホルモンは分泌されます。

オキシトシンが分泌されると安心感信頼感が生まれ、赤ちゃんとの絆を深めるためになくてはならないものだと言われています。

しかし、オキシトシンは安心感や信頼感以外に、他者への攻撃性という能力も秘めています。

オキシトシンの攻撃性

 

f:id:aoao0501:20190509084909p:plain

哺乳類は生まれた赤ちゃんを成長するまで見守る傾向が多いことは周知の事実だと思いますが、赤ちゃんを守るために外敵から身を守り、攻撃する必要があります。その攻撃性はオキシトシンからきていると最近の科学で判明しました。実は、そのオキシトシンが夫婦の離婚危機に関係している可能性が高いのです。

夫婦の離婚危機と対策

 

f:id:aoao0501:20190509084714j:plain

 https://www.nhk.or.jp/special/mama/qa.htmlより引用

小さい子供をもつ親の離婚時期の割合において、「子供が0~2歳児」が約半数

いう調査結果があります。俗に言う「産後クライシス」です。

私にはかなり衝撃的でした。子供を助け合う時期が最も必要な0~2歳児がいる

時期に離婚しているということは、夫婦関係に大きな亀裂が入っていることがわかります。

※離婚しているということは大きな亀裂が入っているということですよね(笑)

どうしても育児・家事に不慣れな旦那さんや気が利かない旦那さんに奥さんがイライラして怒ってしまうことから、会話がなくなり、夫婦関係に亀裂が入っていきます。

これって母乳をあげている時期と連動していると思いませんか?

母乳から発生するオキシトシンがイライラのスイッチを早めている可能性があります。

そして、小さい子がいる奥さんは、育児に追われるあまり、外の世界と接点がなくなりがちになります。

そうなるとオキシトシンの攻撃性のターゲットが旦那さんになってしまうのです。

ちなみに、この話を妻にしたところ、

「私はオキシトシンに左右されない。元々、イラチだから」

と一蹴されました。さすがです。(笑)

対策

 

対策としては、奥様の育児に協力的になることはもちろんですが、

「育児に協力するよ」と直接言わないほうが良いです。

「子供を一緒に育てたい」とオブラートに言わないと、

「はぁ!?協力って何フォローする程度の片手間に考えているの?」という風に捉える奥さんもいるので。

育児中のストレスをテレビ番組で調査していましたが、あることをすると劇的に奥さんのストレス値が下がり、安心していることがわかりました。

それは「会話」です。

当たり前のことかもしれませんが、赤ちゃんが生まれると毎日が忙しく、会話する暇がないことも多々あります。

しかし、そこで会話することをめんどくさがらずに、育児や将来のことを話し合うことで夫婦関係は良好になっていきます。

育児で孤独を感じている奥さんは多いです。夫婦で仲良くいるためにも、旦那さんは会話することを頭の片隅に置きながら、育児をしていきましょう。

 

 

【スポンサーリンク】