メンズジャニオタのオタブログ♪/ジャニーズ・アイドル・芸能界分析/たまに不動産・リノベレポート

ジャニヲタ・アイドルヲタ・芸能人分析ブログ/たまに不動産とリノベ・ご飯レポートしています

2019年度版 増税のタイミングとリフォーム時期 駆け込み需要やエコポイントに関して

【スポンサーリンク】

f:id:aoao0501:20190210221425j:image

今年から増税に伴い、税率が8%から10%に上がります。

スケルトンリフォーム1000万程度を実施する場合は、20万円費用が上がるという目安になります。

20万は無視できない金額ですよね。

今回はリフォームの適切なタイミングについて書きます。

 

今年の増税は10月1日から

10月1日から増税が開始されるので、10月までに契約すれば良いと勘違いされる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

正確には10月1日までに工事を完了しておく必要があります。

いつまでに着工する必要がある?スケルトンリフォームの場合

10月までに完成するスケルトンリフォームの場合、工期は2ヶ月はかかるので、最低でも7月中旬までには工事を着工させなくてはいけません。

※お盆休みを挟むため、8月からでは間に合いません。

いつまでに契約する必要がある?スケルトンリフォームの場合

スケルトンリフォームの場合は、初回打ち合わせから仕様決めまで、1ヶ月はかかると言われています。

※3回〜4回打ち合わせすることを想定

そのため、6月中旬には契約する必要があります。

特例 契約日が早ければ10月を過ぎても大丈夫

契約日が3月31日までに契約を結んでおけば、特例で10月を過ぎた完工でも増税は免除されます。

3月31日って何だかんだもうすぐですよね。

リフォームをゆっくり進めていきたい人は3月31日日までに契約しておくことをオススメします。

住宅購入予定の方には国から補助がある

f:id:aoao0501:20190210215944j:image

f:id:aoao0501:20190210215953j:image

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000036.htmlより引用

今回の増税で駆け込み需要からの冷え込みを防止するため、国交省が増税後の購入でもサポートを設けています。

どちらを選ぶからは比較しながら検討することをオススメします。

今年からエコポイントが復活する 

f:id:aoao0501:20190210220805j:image

http://www.mlit.go.jp/common/001267870.pdfより引用

今年からエコポイントが復活します。

今回のポイントは設備のリフォームに関してです。

ビルトイン食洗機

掃除しやすいレンジフード

ビルトイン自動調理対応コンロ

掃除しやすいトイレ

浴室乾燥機

等が対象です。

お掃除しやすいってどういうこと?となりますが、今の設備機器はお掃除しやすいので、レンジフードやトイレはほとんどが対象になります。

また、中古住宅購入とセットでエコポイントが拡大したり、若い子育て世代だと上限が増えたりと、国が中古住宅を流通させたい姿勢が伺えます。

エコポイントに関しては商品が決まっていない等、未確定事項がありますので、業者も全てを把握できていない状況です。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】