メンズヲタのヲタブログ♪/ジャニーズ・アイドル・芸能界分析/たまに不動産・リノベレポート

ジャニヲタ・アイドルヲタ・芸能人分析ブログ/たまに不動産とリノベ・ご飯レポートしています

地面師から感じるスピード社会による弊害

【スポンサーリンク】

f:id:aoao0501:20181019135924j:plain

積水ハウスから55億円騙し取ったことで話題になっている地面師。今回はスピードが重視される社会で起こった事件なのかなと思います。

地面師についてまとめました。

 

 

地面師とは

他人の所有地を自分の所有地と偽り、土地売買で詐欺を行う者のこと。

書類偽造や交渉役等、役割を分けて行うことが多く、グループで実行していることが多い。

現在の被害者は不動産関係のデベロッパーがメインとなっており、詐欺のプロが不動産のプロを騙すという高等な詐欺師グループに成長しています。

警察では通称「ニンベン」と呼ばれているそうです。「偽」という意味です。

 

地面師の詐欺の手法

パスポートや印鑑証明を偽造し、相手を信用させるための資料を準備します。

最近では、3Dプリンタを使って印鑑を作成する等、ハイテク化もしています。

また、仮登記という形で土地の所有者であるかのように偽造します。

 

仮登記とは

登記の手続きが完了できない状況の場合、簡単にいうと土地の売買契約が完了していない時に早めに申請しておく、予約みたいなもの。

基本的に誰でもできます。

 

偽造する土地は都内の一等地なのに、竹藪になっていたり、廃墟化している物件の土地。

本人になりすましたり、本人の代理人を装って不動産会社に交渉しに行きます。

売主自体は体調が悪いという理由で代理人が交渉するか、身分を偽造した本人のなりすましが出てきます。

交渉自体は弁護士や司法書士が間に入ることが一般的です。

 

どこからどこまでが詐欺グループの一員か特定できない

弁護士や司法書士、代理人等が詐欺に加担しているのか、全く知らなくて間に入っているかは不明です。

知っていても「騙された」と言えば、騙されたことになります。

 

組織が何名で構成されているかを知ることは難しく、騙し取ったお金もバラバラにされて、隠蔽されてしまうので、全員を逮捕することは難しいと思います。

 

また、本人を装っている詐欺師は、詐欺グループが探してきたエキストラであることが多く、その方にはもらっていても数百万位だろうと言われています。

 

まとめ

今回の積水ハウスに対する地面師グループの詐欺は氷山の一角だと言われています。

逮捕されている者が高齢者が多いことから、バブル時に流行った地面師の再犯である可能性が高いです。

今後も空き家が増えていくことから、一等地に不明な土地が多く出てくることが予想されます。

そのため、土地売買するに至って、スピード重視の売買では、今後も確証がないまま取り引きを進めてしまう会社が出ることが予想されます。

物件売買に当たっては、地面師による詐欺を抑制するために、新たなルールが必要かもしれません。

 

 

【スポンサーリンク】