メンズヲタのヲタブログ♪/ジャニーズ・アイドル・芸能界分析/たまに不動産・リノベレポート

ジャニヲタ・アイドルヲタ・芸能人分析ブログ/たまに不動産とリノベ・ご飯レポートしています

King & Prince 特番決定 魅力をお伝えします

【スポンサーリンク】

f:id:aoao0501:20181004090104j:plain

話題沸騰中のKing & Prince。

シングル曲「シンデレラガールズ」で初動売上57万枚を達成した、まさにシンデレラデビューを飾った大人気ジャニーズグループです。

 

 

King & Princeメンバー

平野紫耀

1997年1月29日生まれ

現在は21歳です。

ジャニーズに入ったきっかけは、元々別のグループで活動していた時に、ジャニーさんの目に留まって、スカウトされたのがきっかけです。

ジャニーズの中でもかなり異色の経歴です。

メンバーカラーは深紅です。

赤系の色だけあって、戦隊ヒーローと同様にセンターで歌うことが多いです。

「MATCH」のCMに起用されたり、ドラマ「花より男子」の続編「花のち晴れ」のメイン役で出演もされていたりと大活躍です。

実は天然で、出川さんとの掛け合いもおもしろいです。

 

永瀬廉

1999年1月23日生まれ

現在は19歳です。

メンバーカラーは漆黒です。

ジャニーズに入ったきっかけは、お母さんが履歴書を送って合格したためです。

高学歴メンバーとして、現在は明治学院大学に通われています。

お家もなかなかリッチなご家庭のようです。

 

髙橋海人

1999年4月3日生まれ

現在は19歳です。

メンバーカラーはひまわりイエロー

ジャニーズに入ったきっかけは、なんとスカウト!?ジャニーズでは珍しいきっかけですよね。

ダンスが得意で全国大会で優勝したこともあります。

最年少なので、甘えん坊で末っ子って感じです。

 

岸優太

1995年9月29日生まれ

現在は23歳です。

メンバーカラーは紫です。

ジャニーズに入ったきっかけは、いとこが勝手に履歴書を送ったことがきっかけみたいです。

チームのリーダーで引っ張ります。

MC力も高くて、おしゃべりがかなりうまいので、テンポ的にも関西人かな?と思ったら埼玉出身なんです。

 

神宮寺勇太

1997年10月30日生まれ

現在は20歳です。

メンバーカラーはターコイズブルーです。

キムタクに憧れてギターを始めたのを見て、お母さんが履歴書を送ったのがきっかけ。

特技がギターと空手で初段という腕前。

King & Princeの和風イケメンかもしれません。

 

岩橋玄樹

1996年12月17日生まれ

現在は21歳です。

メンバーカラーはショッキングピンクです。

ジャニーズに入ったきっかけは、一時期不登校になっていたとに、お父さんのアドバイスで履歴書を送ったことがきっかけです。

恋人にしたいジャニーズジュニアで3年連続1位を獲得する等、モテモテです。

個人的には2.5次元アイドル感があって1番好きです。

 

特番が決定

10月5日、10月12日、10月26日25:35〜26:05

10月19日25:25〜25:55

フジテレビにてドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」にて、特集が組まれています。

「King & Prince〜衝撃のデビュー発表から8ヶ月。」

衝撃デビューの舞台裏で6人は何を考え、どう行動してきたのかを長期密着するドキュメンタリーです。

これは録画間違いなしですね。

長期密着ということで、普段見れないプライベートな部分や、表では見せない本音等も垣間見れると思います。

 

King & Princeの魅力とは?

僕は男なので、男性が思う魅力に偏ってしまう傾向があります。ご了承ください。

King & Princeの魅力はなんといっても「久々にやってきたスター感」だと思うんです。

もちろん、ジャニーズの子達はキラキラしているんですが、キンプリはキラキラの中に虹色も見れるというか、スーパーサイヤ人ではなく、スーパーサイヤ人2な感じがするんですよね。

個人のスペックもめちゃくちゃ高いですし、デビューシングルでは、結果もしっかり残しています。

巷では、既に完成されているから、これからの成長していくステージが見えないので、これ以上売れないとの声もあります。

たしかに完成されすぎているところはあります。

でも、個人的にはまだまだ伸び代があると思っています。

「少年から高校生へ、高校生から大学生へ」とステージが変化していって楽しめるジャニーズの子達は多いのですが、「大学生から大人へ」を楽しめるジャニーズって少ないんじゃないのかな?と思います。

SMAPTOKIOは「大学生から大人へ」をうまく表現できたグループだと思います。

キンプリもこの流れを作っていけるのではないかと思い、期待しています。

【スポンサーリンク】